Spandau Institute of Technology

Fantasista(ファンタジスタ)がMa.k.の事(最近は主に1/76)とかを綴る、徒然blogです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fgの状態が「ちょっと」なのと、そもそもこちらのblogに掲載していない画像も結構あるので、整理整頓のついでに過去作も含めた画像の掲載を順次していく予定。

まあ、ほとんど作りかけだったりするわけですが。

自分への戒めと完成へのモチベーション向上のためという側面も否めない。

そんなわけで、準備中。


あまりにもblogが見づらいので、カテゴリ欄を編集。

モデル毎に分けたので、前よりは見易くなったはず。

思いの外、時間がかかった。

日頃からの整理整頓の大切さを実感できた。。。


今週は、久々にビッグサイトに行ってきた。

仕事で行ったので、足取り軽くって訳には行かなかったけど、そこはほら、かつて通った道って訳でスムーズにビッグサイトまで。中はWFと同じように人でごった返しの状態。

どういうわけか、コンパニオンのおねーちゃんがたくさんいた。

モーターショーでもないのに、カメラ小僧ならぬカメラを抱えたおっちゃん達が居て、違和感ばりばりだった。

自分はと云うと、へそ出したコンパニオンのおねーちゃんに釘付けになりそうなのを必死に堪えて仕事を実施。

ビッグサイトでの仕事を終えると、そびえ立つガンダムやコンパニオンのおねーさん方に後ろ髪引かれつつ、事務所に戻って仕事という日々。

とまあ、変なフラストレーションが溜まった数日間でしたが、しっかり作業は進めてみました。


腕部



ここでもプラストラクトが大活躍。いろいろな径のロッドや厚さの平板があって、使いやすい。

さあ、先が見えてきたぞっ!


昨日、作業していたら、どうしても0.8mm Half Rouondのプラ材が欲しくなって、居ても立ってもいられなくなったので、GWあけと云うこともあり、仕事を早めに切り上げて閉店間際の文教堂B's Hobbyたまぷら店に行ってきた。
なんとか購入に成功!(その他、余分なものも買っちゃったけどね。)
前にも書いたかもしれないけど、もう少し閉店時間が遅いといいのになぁ。

物を買ってきたのはいいけど、帰ってきたらなんとなく別の作業を実施。


今日の工作品
DSC00459_convert_20120506220054.jpg


せっかくなんで、あとで購入品を使った工作をする予定。
(画像は撮るかどうか不明)



GW最終日、それなりに工作に勤しんだ。
そんなに休んだわけではないのに明日から仕事だと思うと憂鬱だ。
他の工作をやったりして気分転換をしたせいか、ナッツバリエ製作のモチベーションが上がってきたので、昨日と今日はせっせと工作を実施。

クレーン部のワイヤー部分について、以前から試行錯誤を繰り返していて、嫁さんからもらった手芸用の糸を染めた物を使ったり、極小のチェーンを使ったりしていたのだが、今回、先日購入したビーズコードを試してみた。


クレーン部(ピンぼけ)
DSC00462_convert_20120506220433.jpg

ほら、ワイヤーっぽいでしょ!
それなりの重さのものをつけておけば、所詮は繊維なのでまっすぐになるし、可動を狙う場合にも変にクセがついたりしないので重宝する。
気持ちもうワンサイズ細いビーズコードの方がスケール的に合う気がしないでもないけど、いい感じでしょ!
クレーン部分は、基本的な部分は終わったので後はごちゃつかない程度にディテールアップをする感じかな。
っていうか、現用車両を見ると、そんなにゴテゴテとはしていないので、このまま終わりにするかも。


続いて、本体前部の処理。

気になっていたのは、荷台の支え。
中央部、後部は支柱の工作を完了していたのだが、前部が手つかずだった。
後部は、道板可動部の収まりやナッツ本来のエンジン部分の密度感とのバランスのため、比較的あっさりしたものにしたく、プラ棒工作を行った。

中央部については、少しトーンに変化をつけたくて、ジャンクパーツの中から、車両のシャーシフレーム部分を流用して支柱を作ってみた。

さて、前部である。ここは、中央部と同様に後部とは変化をつけ、ある程度密度感を持たせてアクセントとなるようなモノにしたいところ。
なおかつ、中央部とバランスがとれた方がよい。しかも、ナッツの曲面に合わせていきたいところ。

というわけで、ジャンクパーツの工作開始。
中央部とトーンを合わせてバランスをとるため、ここもジャンクパーツの中から、車両のシャーシフレーム部分を使用。

職人堅気 Hyper Cut Saw 0.1 の出番!

こいつでパーツをぶった切って使う。
非常に切れ味鋭く、使い勝手がいい。何度か勢い余って、指を切ったほどだ。


フレーム切断
DSC00466_convert_20120506221230.jpg

左右分を作って、ナッツの側面ガード(黒染めした真鍮線で製作)と組み合わせて本体に接着。

側面
DSC00469_convert_20120506221547.jpg

荷台部の陰になって見難いが、前部、中央部と同じトーンになっているのが判る。


これで、気になっていた支柱部分の加工は終了。


次にドーザー部の追加工作を実施。
現用車両の画像を参考に工作を実施。
基本的には、黒染めした真鍮線とジャンクパーツの組み合わせ。


ドーザー部正面
DSC00471_convert_20120506221612.jpg


さあて、砲塔部をどうすっかなぁ。
以前作ったモノをそのまま載せるか、最近ちょっとしたアイディアが浮かんだので、そいつを具現化するか。
これはもう時間次第かな。

とりあえず、おおまかな部分は終わったので、あとは軍用車両としての必要装備やメカとしてのリアルさ(配管や配線)なんかの追加工作をしていこう。


ぼちぼちと続く。


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。